三重県総合文化センターホームへ戻る
三重県文化会館
主催事業カレンダー
ホール座席図
チケット購入について
館長ダイアリー
プレステージ
三重ジュニア管弦楽団
シアターメイツ
エムズネット
平成21年度公共ホール演劇ネットワーク事業
こども と おとな のための音楽劇
「どくりつ こどもの国」 作・演出:岩崎正裕  
情報満載☆
特設ブログ!
「どくりつ こどもの国」ブログ

どくりつこどもの国
2009年
10月17日

開場/12:30
開演/13:00

10月18日
開場/14:30
開演/15:00


ワークショップ
「どくりつ こどもの国」の
舞台上でワークショップ

  • 会場/小ホール
  • 入場料/全席自由
    【おとな】2,000円  【こども】1,000円(小学生以下) *3歳未満保護者のひざ上鑑賞は無料
    【学 生】1,500円(中学生以上) 【ペ ア】2,500円(おとな&こども)
  • Pコード/396-345
  • チケット一般発売/8月2日(日) 【チケットの予約はこちらから】
    シアターメイツ優先予約/7月30日(木)〜8月1日(土)

「私たちは一人ぼっちだ」と感じる少年少女たち。
「どくりつ こどもの国」をめざして冒険の旅に出る。

関西を中心に活躍する鈴鹿市出身の劇作家 岩崎正裕が贈る、現在の子どもたちとかつて子どもだった大人たちのための音楽劇です。

■出演
石本由宇 門田草 猿渡美穂 得田晃子 中田絵美子 永見陽幸 中元志保 橋本浩明 岬千鶴 
三穂眞理子 森本研典 山口晶子

※出演予定の橋本達也は、諸事情により降板することになりました。
  代わりまして、永見陽幸(ながみようこう)が出演いたします。

■作・演出
岩崎正裕 岩崎正裕(いわさきまさひろ
 劇作家・演出家・劇団太陽族主宰)


劇作家・演出家・劇団太陽族代表
アイホール演劇ディレクター
NPO法人大阪現代舞台芸術協会(DIVE)理事長
日本演出者協会関西ブロック幹事
大阪芸術大学短期大学部 講師「演技基礎演習」
神戸学院大学 講師「芸術創造論実習」

岩崎さんからのメッセージ
三重県文化会館とのかかわり、詳しいプロフィールはこちら

94年『レ・ボリューション』で第1回OMS戯曲賞佳作、97年には『ここからは遠い国』が第4回OMS戯曲賞大賞を受賞。その他、大阪市咲くやこの花賞、兵庫県芸術奨励賞など受賞多数。劇団外での劇作・演出も多く、04年長崎市民ミュージカル『星眼鏡ノオト』(構成・演出)、北九州芸術劇場プロデュース『冒険王04』(演出)、『ラスト・デイト』(作・演出,出演=戸川純・奇異保)、06年三重県演劇塾第7回公演『月下綺譚』(演出・脚本)、09年には長崎ブリックホールで『音楽劇 the Passion of Nagasaki」(総合演出)など。

舞台芸術普及活動においも、対象と目的に即した的確な指導、演出は高く評価されており、代表的なアーティストの一人として認知されている。

三重では03年第1回三重県戯曲塾より当館と協同して県内の演劇活性化に力を入れている。
第33回全国高等学校総合文化祭「全国高総文祭みえ'09」演劇部門では審査員を務めている。

■ものがたり
舞台写真 舞台写真 舞台写真

世界のあちこちで戦争が起こっている時代。
それは近未来のようであり、今の時代と合わせ鏡のようでもある。
そんな狂騒状態の世界で「私たちは一人ぼっちだ」と感じる少年少女たちがいた。

ある日、産休のトネ先生に会うため、少年少女たちは真夜中の庭に集まる。
トネリコの大木の上空にオーロラが見えて、不思議な少年クウと飛行士が落ちてくる。
クウは「どくりつこどもの国」を目指していて、飛行士はワルハラで新しい任務をもらうのだと言う。
ワルハラは、突然引っ越してしまった仲間のシオリが、
「世界を奏でるピアノ」を弾くためのレッスンを受けている街の名前だ。

レイとハルカと仲間たちは、シオリに会うために冒険の旅に出る。

クウの導きで海へ漕ぎ出した仲間たちは、
海蛇に襲われ、人魚の手助けでワルハラにたどり着き、ついにシオリに会うことができる。
しかし、シオリの母は恐ろしい魔法使いだったのだ。

飛行士の新しい任務とは? 
クウはどくりつこどもの国にたどり着けるのか?

北欧神話の世界観を下敷きに、今を生きる、こどもとおとなに贈るファンタジックな音楽劇。

公共ホール演劇ネットワーク事
公共ホール演劇ネットワーク事業とは
(財)地域創造と複数の公共ホールがネットワークを組み、質の高い演劇作品の上演と演劇の手法を使った地地域交流プログラムを行うものです。

この『どくりつ こどもの国』は、2008年伊丹市AI・HALLで製作・上演され、翌年2009年に4つの公共ホールで再上演されます。岩崎正裕率いるチーム『どくりつ こどもの国』が、各まちに公演を含む一週間程度滞在し、地域の中でアウトリーチやワークショップ活動を展開します。

参加ホール と 滞在スケジュール
10月 5日(月)〜12日(月祝)  AI・HALL (兵庫県伊丹市・(財)伊丹市文化振興財団)
10月13日(火)〜18日(日)   三重県文化会館 (三重県・(財)三重県文化振興事業団)
10月19日(月)〜25日(日)   ラポルトすず (石川県珠洲市)
11月 2日(月)〜 8日(日)   長崎ブリックホール (長崎県長崎市)

■助成/全国モーターボート競走施行者協議会、(財)地域創造、公共ホール演劇ネットワーク事業

-TOP-
→ 臨時バス運行のご案内
ショップ&レストランアンケートバリアフリーイベントレポート総文Mブログ