三重県総合文化センターホームへ戻る

「日本文化」再発見シリーズ第7章
東京楽所 雅楽公演

東京楽所 雅楽公演

日程 2012年 5月12日土曜日

時間 開場/13時30分 開演/14時00分

会場 三重県文化会館 中ホール

料金 全席指定 S席4,000円 A席3,000円

発売 2月12日(日曜日) エムズネットで
チケットを買う


宮内庁の式部職楽部を主体に結成された「東京楽所(とうきょうがくそ)」による本格的な演奏と舞。
奈良国立博物館学芸部長の西山厚氏の講演と初心者にも分かりやすい解説付です。


予定演目

・プレトーク 〜日本古来の音楽とは〜
出演者:多忠輝(宮内庁式部職楽部) 西山厚(奈良国立博物館学芸部長) 野原耕二(音楽プロデューサー)
・第1部 国風歌舞(くにぶりのうたまい)
・第2部 舞楽 番舞(つがいまい)左舞 陵王 右舞 納曽利
演奏:東京楽所

東京楽所(とうきょうがくそ)

1978年宮内庁式部職楽部のメンバーを主体に創設。
有職としての雅楽ではなく、芸術音楽としての雅楽演奏を目的として結成された。累代の楽人に併せて、民間の優秀な雅楽奏者も含めた、現在わが国最大規模の高い芸術性を有する雅楽団体である。78年以来、国内の数多くの雅楽公演に参加、高い評価を得る。83年、外務省の招請により文化使節としてヨーロッパ各地で公演。86年、エジプト・カイロ公演、87年、米国において日本伝統使節団に参加。その後、日本・EU市民交流年事業ベルリン、ロンドン大学公演、日本・ブラジル交流年舞楽法会五都市公演、井上道義指揮、オーケストラ アンサンブル金沢とウイーン 、ブタペスト公演共演など世界的な活動を展開している。十数枚のCDを制作出版し、雅楽の普及にも努めている。


※やむをえない事情により、出演者等の事業内容・前売発売日等が変更になる場合があります。ご了承ください。
※未就学児の入場はご遠慮ください(子ども対象の公演は除く)。
※開演後は入場を制限させていただく場合があります。ご来場は余裕をもってお早めにお願いします。
※駐車場が混雑いたします。当日はできるかぎり公共交通機関をご利用ください。
 主催公演では、津駅西口〜総合文化センター間で臨時バスを運行いたします。→ 臨時バス運行予定
※学生券でご入場の際は、学生証の提示をお願いいたします。


ショップ&レストランアンケートバリアフリーイベントレポート総文Mブログ