三重県総合文化センターホームへ戻る

長久手市文化の家×三重県文化会館 合同プロデュース
THE MISHIMA WORLD 2012 「三島ル。」

長久手市文化の家×三重県文化会館 合同プロデュース THE MISHIMA WORLD 2012 「三島ル。」

日程 2012年 12月 8日土曜日)- 9日日曜日

時間 両日とも14時00分開演
※開場は20分前 受付開始は60分前

会場 三重県文化会館 小ホール

料金 日時指定・自由席・1日2演目鑑賞券
一般 前売2,000 円(当日2,500 円)
学生 1,000 円(前売・当日とも)

★長久手 - 三重公演 通しチケット →長久手公演
一般3,000円 学生1,500円
各劇場窓口にて前売のみの取扱。

発売 10月13日(土曜日) エムズネットで
チケットを買う


三島由紀夫。今なお、彼をリスペクトする演劇人は、少なくありません。
この2つの劇団も。東京・名古屋よりshelf、東京より第七劇場。それぞれ三島作品に挑み2劇団(2作品)同時上演します。

参加劇団 と 演目 (三重公演)

長久手公演については長久手市文化の家のサイト

shelf 「班女(はんじょ)

shelf shelf
2010鳥の演劇祭3 ショーケース参加作品 「班女」より

三島由紀夫「近代能楽集」より

構成・演出

矢野靖人

shelf

 "shelf"はbook shelf(本棚)の意。
 沢山のテキストが堆積・混在する書架をモチーフに活動を展開。俳優の「語り」に力点をおきつつ、古典、近代戯曲を主な題材として舞台作品を制作し続けている。
 演劇や舞台芸術一般を、すべて個人とコミュニティとの接点で起こる事象(コミュニケーション)であり、と同時にそのコミュニケーションの様態を追求し、関わり方を検証し続けてきたメディアであると考え、単に作品を以てそれを示すだけでなく、舞台芸術の枠組みを再提示する意図から、近年はワークショップや、プロデュース事業なども多く行う。活動の拠点は東京と名古屋。所属俳優 3名。(2012年1月現在)
 2008年8月『Little Eyolf ―ちいさなエイヨルフ―』(作/ヘンリック・イプセン )利賀公演にて、所属俳優の川渕優子が、利賀演劇人コンクール2008<最優秀演劇人賞>を受賞。2011年10月、「構成・イプセン― Composition/Ibsen」(会場:七ツ寺共同スタジオ)にて、名古屋市民芸術祭2011<名古屋市民芸術祭賞>受賞。

第七劇場 「邯鄲(かんたん)

第七劇場 第七劇場
2010鳥の演劇祭3 ショーケース参加作品 「班女」より

三島由紀夫「近代能楽集」より

構成・演出

鳴海康平

第七劇場

 1999年、演出家鳴海康平と数名の俳優によって創設。作品製作時以外には、日本人独特の身体性を発展させた俳優訓練を恒常的に行いながら、日本の古典芸能である「能」や「歌舞伎」の動きや、舞踏やコンテンポラリーダンスの要素を取り入れた作品を製作。
 TVや映画などの映像表現、「文学の演劇的発展」などとは異なる演劇独特の表現効果を追求する演劇を目指し作品を製作。また演劇に関する状況を研究・改善するための運動も行う。東京を中心に活動。
 日本各地のみならず、国際演劇祭への作品出品など、世界的な活動も行う。
 2006年、ユニークポイントとともに都内にアトリエ(atelier SENTIO)を構え、拠点とする。

関連企画

イベント

まなびぃすとセミナー
「三島由紀夫『潮騒』について」

日時

11月4日[日曜日]13時30分〜15時30分

講師

佐藤秀明(近畿大学 文芸学部文学科 日本文学専攻教授)

会場

三重県総合文化センター 三重県生涯学習センター2階 視聴覚室

主催・お問合せ

三重県生涯学習センターTel.059-233-1151

詳細

三重生涯学習センター

shelf WORKSHOP!!現代演劇をもっと身近に楽しむための演劇ワークショップ
「三島由紀夫を読む!」

日時

11月10日[土曜日]〜11日[日曜日]

講師

矢野靖人(shelf)

会場

三重県総合文化センター 三重県生涯学習センター3階 スタジオ

主催・お問合せ

shelf tel. 090-6139-9578 fax. 03-5317-0802 e-mail. info@theatre-shelf.org

詳細

矢野靖人のWebSite

※やむをえない事情により、出演者等の事業内容・前売発売日等が変更になる場合があります。ご了承ください。
※未就学児の入場はご遠慮ください(子ども対象の公演は除く)。
※開演後は入場を制限させていただく場合があります。ご来場は余裕をもってお早めにお願いします。
※駐車場が混雑いたします。当日はできるかぎり公共交通機関をご利用ください。
 主催公演では、津駅西口〜総合文化センター間で臨時バスを運行いたします。→ 臨時バス運行予定
※学生券でご入場の際は、学生証の提示をお願いいたします。

ショップ&レストランアンケートバリアフリーイベントレポート総文Mブログ