三重県総合文化センターホームへ戻る

ハイバイ10周年記念ツアー
「て」 作・演出/岩井秀人

ハイバイ「て」

日程 2013年 6月8日土曜日)-9日日曜日

時間 6月8日(土曜日) 18時00分 [タイムテーブル詳細]
6月9日(日曜日) 14時00分 / 18時00分

会場 三重県文化会館 小ホール

料金 [前売]一般3,000円 学生2,000円 [料金詳細エムズネットで
チケットを買う

発売 4月13日(土曜日)
特別先着先行受付
3月30日(土曜日)12時〜4月9日(火曜日)

関連 岩井秀人ワークショップ


2008年初演以来またたく間に3回再演され、平田オリザ、野田秀樹などそうそうたるメンバーが「え?岸田賞候補にすらならなかったの?」とささやいたという噂の「て」。 2013年に岸田賞をもらって溜飲を下げたハイバイが、満を持しての全国ツアー!東海地区初登場!

出演

岩井秀人 上田遥 永井若葉 平原テツ 
青野竜平 奥田洋平 佐久間麻由 高橋周平 富川一人 用松亮
小熊ヒデジ / 猪股俊明

あらすじ

ハイバイ主宰の岩井秀人自身の家族をモデルにした自伝的作品。祖母の認知症をきっかけに再集合した家族が、過去の関係を清算しきれず、さらに大爆発する様子をハイバイらしい「ちょっとウンチ着いたくらいの『人間くささ』」 で描ききったスーパー家族劇。母を岩井秀人が演じ、祖母を永井若葉がフツーに演じ、全体としても「同じ時間を視点を変えて2周する」という様々な試みがジャックポットに入った奇跡の名作。
2008年の駅前劇場から3度再演、2012年にはロンドン現地キャストでリーディング上演された。

ハイバイ

ハイバイ「ある女」より
ハイバイ「ある女」より (C)曵野若菜

2003年岩井秀人(作家・演出家・俳優)を中心に結成。岩井自身の、16歳から20歳まで引きこもりだったシリアスで個人的な体験を、演劇という装置で濾過して“生々しいけれど笑えるコメディ”に変換し人気を博す。代表作「ヒッキー・カンクーントルネード」は6度の国内上演を経て、2011年10月に初の韓国公演(ソウル)で高い評価を受ける。2012年4月に岩井秀人がNHKBSドラマ「生むと生まれるそれからのこと」で向田邦子賞、ヒューゴ・テレビ賞の奨励賞を受賞。2013年「ある女」で第57回岸田國士戯曲賞を受賞。

劇団WEB

岩井秀人コメント動画

タイムテーブル

6月8日(土曜日) 18時00分★
6月9日(日曜日) 14時00分★ / 18時00分

※受付は開演の40分前、開場は開演の20分前です。
★の回は終演後 岩井秀人によるアフタートークがあります。

チケット料金

日時指定・全席自由・整理番号付
[一般]前売:3,000円 当日精算:3,300円 当日:3,500円
[学生]前売・当日共:2,000円 (来場の際、受付で学生証をご呈示下さい)

主催

quinada 三重県文化会館

※やむをえない事情により、出演者等の事業内容・前売発売日等が変更になる場合があります。ご了承ください。
※未就学児の入場はご遠慮ください(子ども対象の公演は除く)。
※開演後は入場を制限させていただく場合があります。ご来場は余裕をもってお早めにお願いします。
※駐車場が混雑いたします。当日はできるかぎり公共交通機関をご利用ください。
※学生券でご入場の際は、学生証の提示をお願いいたします。

ショップ&レストランアンケートバリアフリーイベントレポート総文Mブログ