三重県総合文化センターホームへ戻る

劇団野の上
「不識の塔」 作・演出/山田百次

劇団野の上

日程 2013年 7月20日土曜日)- 21日日曜日

時間 両日とも14時00分開演 [日程詳細

会場 三重県文化会館 小ホール

料金 日時指定・自由席 [料金詳細
[一般] 前売2,300円 当日2,500円  [学生] 1,000円
★お得なキャッシュバックサービスあり! エムズネットで
チケットを買う

発売 5月26日(日曜日)

公演前日に2つのプレ企画
山田百次独り芝居 舞台美術ワークショップ


昨年「ふすまとぐち」で、三重の皆さんを爆笑と感動の渦に巻き込んだ劇団野の上が再び三重へ。今度は実話を元にした大正ロマン時代劇。むせかえるほどの生と死と、人と山と、男と女と。笑いにのせて儚くお届け。

作・演出

山田百次

出演

山田百次 乗田夏子 藤本一喜 鳴海まりか
三上晴佳(渡辺源四郎商店) 北魚昭次郎

プロフィール 劇団野の上

野の上

劇団野の上は、出身地・青森での演劇活動を経て、現在神奈川に住みながら首都圏や仙台等で俳優活動を続ける山田百次(ヤマダモモジ)が、青森在住で底知れぬパワーを秘めた過激な女優たち、乗田夏子(ノリタナツコ)・藤本一喜(フジモトカズキ)・鳴海まりか(ナルミマリカ)と共に、自身の作・演出作品を作り上げるために2009年に旗揚げしました。拠点は青森ですが、近隣都市や首都圏での活動も視野に入れています。
決して若くはない女たちが持つ独自の排他性、母性、ダイナミズム、ギリギリ感を武器とし、社会ではあまり日の目を見ない人たちに焦点を合わせ、「日常にありえなそうで、ありえる状況」に追い込まれてしまった心理を異常なまでのテンションで描きます。地方が舞台であることや方言を用いるといった表現手段を基本としますが、決してそれらにとらわれることのない独自の表現を目指します。
信じるのは、人間のパワーです。
劇団名である「野の上」とは、社会という広い荒野で業の上に立つ我々人間を表現したい、という思いを込めてつけました。また「俳優と観客さえいれば芝居は野の上で(どこででも)できる」という信念のもと、舞台装置や照明は極力シンプルにし、生身の人間を見せることを信条とします。
かつて演劇が大衆の娯楽であったように、観る人を選ばない演劇でありたいと考えます。

劇団ブログ 雑談野の上

日程

イベント 会場 予約・申込
7月19日
(金曜日)
15時〜18時 舞台美術ワークショップ 三重県文化会館
第1リハーサル室
[申込]
19時30分開演
独り芝居
「或るめぐらの話」
津あけぼの座 [予約券]
7月20日
(土曜日)
14時00分開演
劇団野の上「不識の塔」 三重県文化会館
小ホール
[前売券]
[予約券]
7月21日
(日曜日)
14時00分開演
劇団野の上「不識の塔」
三重県文化会館
小ホール
[前売券]
[予約券]

※各回終演後、山田百次とゲストによるアフタートークを行います。
20日(土曜日)ゲスト 杉原邦生氏(KUNIO主宰)
21日(日曜日)ゲスト 横山拓也氏(iaku主宰)

「不識の塔」の受付開始は60分前、開場は30分前です。
「或るめぐらの話」の受付開始、開場はともに30分前です。

料金

日時指定・自由席 
[一般] 前売・予約2,300円 当日2,500円  
[学生] 前売・予約・当日とも 1,000円

前売券は前入金が必要です。予約券は当日受付でご精算いただきます。
開場時のご入場は、前売券→予約券→当日券の順に優先してご案内いたします。

★お得なキャッシュバック★
「或るめぐらの話」チケット半券と引き換えで、当日受付にて500円キャッシュバック!

主催

劇団野の上/三重県文化会館

※やむをえない事情により、出演者等の事業内容・前売発売日等が変更になる場合があります。ご了承ください。
※未就学児の入場はご遠慮ください(子ども対象の公演は除く)。
※開演後は入場を制限させていただく場合があります。ご来場は余裕をもってお早めにお願いします。
※駐車場が混雑いたします。当日はできるかぎり公共交通機関をご利用ください。
※学生券でご入場の際は、学生証の提示をお願いいたします。

関連企画

公演前日に、2つの関連企画をご用意!

山田百次の独り芝居「或るめぐらの話」

鈴木健介の舞台美術ワークショップ
「イメージを形にする力」

ショップ&レストランアンケートバリアフリーイベントレポート総文Mブログ