三重県総合文化センターホームへ戻る

平成26年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

ミエ・ユース 演劇ラボ2015・ハイバイ

ミエ・ユース 演劇ラボ とは?

若手限定U25の期間限定劇団

募集対象は、高校生以上25 歳以下。三重で新しい演劇の創り手となる人材発掘を目指し、期間限定の擬似劇団活動を行います。

作品のクオリティで勝負

毎年、実力ある演出家や俳優などの指導者を招いて、アマチュア参加の創作劇を超えた、再演可能な秀逸な舞台作品づくりを目指します。

舞台に立つだけが演劇じゃない

俳優のみでなく、劇作・演出・舞台・音響・照明・制作など、テクニカルや裏方スタッフを希望する人材も広く募集します。

100 時間超の稽古でじっくりしっかりと

オーディション選抜を皮切りに100 時間超の稽古日程を積みます。発表公演を目指して、劇団名選定から作品づくり、舞台プランづくり、広報宣伝に至るまで、文字通り劇団としてのあらゆる活動を体験してもらいます。

劇団・指導者

2014年の指導者は、
演劇界とテレビ脚本界 最高峰の賞をW受賞した岩井秀人と、彼の作品をささえる愛くるしい俳優&スタッフ陣!

ハイバイ

2003年に主宰の岩井秀人を中心に結成。そもそも気まずいシチュエーションに、なんとも要領の悪い人や空回りするくらいの自意識を振りまく人、どこか世の流れに上手く乗っていけない感じの人たちが現れて、あたふたしているうちに目も当てられない状況になっていくのを笑っていると、まんまと人生の深淵を覗かされてしまうのがハイバイ。相次いで向田邦子賞と岸田國士戯曲賞を受けた岩井が描くありそうでありえないそんな世界を、永井若葉・平原テツ・上田遥・川面千晶といった外部公演でも評価の高いクセ者たちのおかげで「ありそうだぞ、いやこれが世界そのものだ」って思わせちゃうのがハイバイ。
代表作は「ヒッキー・カンクーントルネード」「て」「ある女」。2013年の10周年記念ツアー「て」では全国6都市を巡り、観客数は5,500名を突破した。

劇団サイト

メインの講師

岩井秀人(劇作家・演出家・俳優)

岩井秀人

1974年東京都小金井市出身。
2001年桐朋学園大学演劇科卒業後、2003年にハイバイを結成、以降全ての作品の作と演出を担当するかたわら、映像や舞台で俳優としても活動中。
2012年NHKBSプレミアムドラマ「生むと生まれるそれからのこと」で第30回向田邦子賞を、2013年ハイバイ「ある女」で第57回岸田國士戯曲賞を受賞。

こんにちは。岩井です。
全国各地でやってきた、俳優たちによる「自分で作・演出・出演して作品作り」というコンセプトのものも一段落して、今回はそれをもっと深めて「仮劇団」を作ってみます。
劇団をはじめとした、「お互い何ができるかを知っている関係」での作品作りは、「公演一回やっておしまい」な企画モノと違って、確実に力強く、深く、なによりその土地、その文化に根ざした作品を生み出します。
その走りだしとして、こんなことやってみますので、是非是非興味ある方は集まってくださいませ。

岩井秀人

スタッフ講師陣

谷澤拓巳(舞台監督)

1979年生まれ。
大学の建築学部在学中、舞台芸術に興味を持ち舞台監督に。前川知大(イキウメ)、岩井秀人(ハイバイ)、松井周(サンプル)、野田秀樹、河原雅彦、福原充則、小川絵梨子等の演出作品に舞台監督、演出助手、演出補佐として参加する傍ら裏方互助会「至福団」に所属し、若手の育成や現場参加を積極的に支援中。

松本大介(照明)

1975年埼玉県出身。
舞台照明家 日本照明家協会会員 Lighting Designers Club of JAPAN メンバー 筑波大学附属坂戸高等学校卒・日本工学院専門学校卒。(株)ステージライティングスタッフ入社。文学座・民藝・文化座・東演・演劇集団円・こまつ座・地人会などの照明部等を経て、フリーへ。関根一郎・関根有紀子氏に師事。維新派・俳優座・pappa TARAFUMARA・劇団黒テント・キャラメルボックス・G2プロデュース・PARCOプロデュース公演、NODA-MAP、等の照明部を経て、株式会社松本デザイン室、設立。代表取締役。世田谷パブリックシアター主催「奇ッ怪」にて平成21年度日本照明家協会・新人賞受賞。イキウメ・ハイバイ・DULL-COLORED POP・Theatre des Annales・演劇集団砂地・柿喰う客・等の照明デザインを行う。
三重県文化会館では ハイバイ「投げられやす〜い石」「霊感少女ヒドミ」「て」・柿喰う客「発情ジュリアス・シーザー」「ながぐつをはいたねこ」「へんてこレストラン」等の照明デザインを行う。一妻(三重県出身)の夫・3児の父。

中村嘉宏(音響)

1975年東京都出身。
アルバイトに明け暮れたフリーター時代に偶然音響の世界に関わることになり、2001年から舞台音響としてのキャリアをスタートさせる。
主に小劇場作品に参加し、ハイバイを含むほぼ世代を同じくする演出家との作品が多い。2011年に居住地を東京から移したことをきっかけに現在は一部の演出家の作品のみ担当し、一定の拠点は持たず無理なく続けられるペースで各作品に携わる。近年ハイバイ 岩井秀人作品以外に担当した作品は芝居では三浦大輔(ポツドール)「愛の渦」「夢の城」国内外ツアータニノクロウ(庭劇団ペニノ) 「誰も知らないあなたの部屋」海外ツアー、お笑いではエレ片「コントの人」、エレキコミック単独LIVE、サンドウィッチマン単独LIVEツアー。
三重県文化会館へはハイバイ「霊感少女ヒドミ」「て」サンプル「自慢の息子」で公演に参加。

三好佐智子(プロデューサー・有限会社quinada)

1979年生まれ。
早稲田大学卒後、コンサルティング企業、外資系化学企業広報部で勤務。2004年有限会社quinada(きなだ)設立。
スロウライダーの制作を経て、2007年より松井周(サンプル)、岩井秀人(ハイバイ)を担当。舞台制作と両作家のマネジメントを行っている。

稽古日程

色のついている日程すべて稽古の予定です

2015年 2月
            1
2 3 4 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
2015年 3月
            1
2 3 4 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

稽古時間

2月10日は夜のみ、11日は午後からワークショップ
土日祝日は、13時〜19時
平日は、17時〜21時
3月23日〜29日は小屋入り期間のため終日

※上記のほか、オーディション後の顔合わせ9月23日にも参加ください
※稽古時間について遅刻・早退ご都合がある場合は、申込時に具体的な参加可能時間を書き添えてください

稽古場

三重県総合文化センター内または、三重県津市内を予定しています

募集要項

募集内容・人数

俳優希望者

10名程度

スタッフ希望者

希望に応じて若干名
(劇作、演出、舞台、音響、照明、制作 など)

参加条件

  • 高校生以上25歳以下の男女 演劇経験は不問
  • 上記全日程に参加可能 であること
  • 小屋入り期間については終日参加可であること

※スタッフのみご希望の場合は全日程参加できなくても可能な場合があります。ご相談ください
ただし、小屋入り期間については終日参加ください

参加料

全日程通し
一般 10,000円(税込)/ 高校生 3,000円(税込)

※稽古初日にお支払ください。
※お申し込み時、オーディション受講時には参加料はかかりません

申込方法

申込用紙を郵送、Fax、E-mailのいずれかで、下記申込先へ提出してください

申込用紙

PDF版 →pdf 255KB

MS-Excel版 →MS-Excel 46KB

申込先

[郵送] 〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234 三重県文化会館「演劇ラボ」係

[Fax] 059-233-1106

[E-mail] kenbun@center-mie.or.jp
※件名を「演劇ラボ申込」とし、MS-Excel版の申込書と写真を添付してお送りください

申込〆切

2014年 9月7日(日曜日)必着

オーディション

日程

2014年 9月20日(土曜日)・21日(日曜日)

内容

エチュードと面談による審査を予定しています

※ いずれか1日の参加、審査時間は2時間ほどを予定しています
※ 申込書にてご希望の日時を第3希望までお知らせください
※ 審査会場・時間は申込〆切後に申込者全員にお知らせいたします
※ 応募者多数の場合は事前に書類審査を行う場合があります
※ オーディションのみの参加は承りませんのでご了承ください
※ 合格者のみ9月23日(火曜祝日)に顔合わせを行います

公演予定

日程

2015年 3月28日(土曜日)〜29日(日曜日)

※時間など詳細日程は未定です

場所

三重県文化会館 小ホール

主催

三重県文化会館

助成

文化庁

協力

三重県高等学校演劇連盟

お問合せ

三重県文化会館 Tel.059-233-1100

ショップ&レストランアンケートバリアフリーイベントレポート総文Mブログ